スマートフォンやタブレットは、今や多くの人にとって生活に欠かせない存在であり、外出先などでも無料でWi-Fiが利用できるスポットが増えています。そもそも、Wi-Fiとはどういったものなのでしょうか。

Wi-Fiとは無線LANの通信規格の名称であり、パソコンやプリンター、ゲーム機や、冷蔵庫などの家電にまで幅広く対応できます。無線でインターネットに接続でき、速度も速いので、さまざまなネットワーク対応機器を快適に操作できます。

Wi-Fiに接続するには、ルーターが必要です。持ち運び可能なモバイルルーターと、自宅やオフィスに置いて使うタイプのルーターがあります。その他に、無料Wi-Fiスポットを利用する方法や、お使いのスマートフォンなどを販売している電気通信事業者が提供する、外出先での有料サービスを利用する方法もあります。

Wi-Fiをまだ利用されたことのない方は、Wi-Fiの何が便利なのか疑問に思われるかも知れません。また、使用上の注意点がわからず不安な方もいらっしゃるでしょう。このコラムでは、Wi-Fiのメリットとデメリットについて解説いたします。

Wi-Fiのメリット

Wi-Fiのメリットの一つは、まず既存の機器の通信量が節約できるという点です。スマートフォンや携帯電話の通信網であるLTE/3Gは、利用できるエリアが広く、外出先でもインターネット接続が可能ですが、料金プランによって通信量が制限されてしまいます。動画をたくさん見たり、ゲームに夢中になって多くの時間を費やしたりしていると、あっという間に所定のデータ量を超えてしまい、通信速度が低速化されて困ってしまった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

データ量を追加すれば通信費用が高額になる場合もあり、経済的に大きな負担となりますが、Wi-Fiを利用すればスマートフォンなどの通信回線の使用料を減らすことができます。もちろんWi-Fiの使用にも料金がかかりますが、毎月のように通信制限に悩まされているスマホユーザーにとっては、大きなメリットがあると言えます。

Wi-Fiの料金は定額制が多く、ご自宅に光回線を導入している場合、通信量の制限はほぼありません。ホームルーターを設置すれば複数の端末で同時利用できるので、家族全員がスマートフォンを持っているご家庭などは、Wi-Fiを利用するのとしないので通信費が大きく変わる場合もあります。Wi-Fiを利用して通信量を削減し、スマートフォンの料金プランを引き下げることも可能なので、高額な通信費用にお悩みのご家庭はぜひWi-Fiの導入を検討して見て下さい。

家電とも連携できる

Wi-Fiに接続できる家電があることをご存知でしょうか?例えば、スマートフォンで撮った写真を家庭用プリンターで印刷する場合、以前はパソコンへ写真のデータを転送して、有線で繋いだプリンターからプリントアウトを行う方法が一般的でした。しかし、多くのプリンターがWi-Fiに接続できるようになり、スマートフォンからの操作だけでプリントアウトすることが可能になりました。パソコンからも無線で接続できるのでケーブルが不要になり、プリンターの置き場所を選ばなくて良くなったことも利点の一つです。

その他にも、Wi-Fiに接続できる家電には冷蔵庫やエアコンなどがあります。冷蔵庫の場合、Wi-Fiに接続して別売りのカメラを装着すれば冷蔵庫の中身がスマートフォンから見られるようになるので、買い物の際にとても便利です。エアコンは、スマートフォンからの操作で帰宅した時の部屋の温度を最適に調整することが可能になり、消費電力も確認できるので節電にも役立ちます。

このように、Wi-Fi接続が可能な家電の機能は、まるで未来の生活を実現してくれるかのような進化を見せています。Wi-Fiを利用するメリットは、未来に向けてどんどん幅広いものになっていくのかも知れません

Wi-Fiを利用するデメリット

Wi-Fiを利用するデメリットとしては、セキュリティ面の不安が挙げられます。ホテルや新幹線の中などで無料利用できるWi-Fiをビジネスに活用されている方も多いのではないでしょうか。しかし大切なデータを扱う上で、犯罪者から情報を守るためには、セキュリティ対策を十分に行う必要があります。

セキュリティセキュリティが設定されていないWi-Fiはオープンネットワークと呼ばれ、電波が届く範囲内であれば、誰でも利用することが可能です。たとえ自宅のWi-Fiであっても、セキュリティが正しく設定されていないと第三者に無断で利用されてしまう恐れがあります。インターネットの速度が遅くなる場合や、パソコンのデータを見られることによって、アドレス帳やクレジットカード情報などの個人情報が漏洩する可能性もあります。

このような被害を防ぐためには、公共の場で誰でも接続できるオープンネットワークをなるべく利用しないことや、自宅のWi-Fiに不正アクセスされないためにルーターの管理パスワードを変更しておくなどの対策が必要です。

また、Wi-Fiのセキュリティは通信を「暗号化」することによって守られています。アクセスポイントとなるWi-Fiルーターの設定を行うときに、WPAやWPA2といったセキュリティレベルの高い暗号化方式を設定することが必要です。

このように、セキュリティ対策を適切に行えばサイバー犯罪に巻き込まれる危険性は低くなります。インターネットなどで正しい情報を得て、対策を万全にしましょう。

まとめ

自宅や外出先などで利用できるWi-Fiの導入を検討するに当たって、Wi-Fiのメリット・デメリットの両方が気になるという方も多いと思います。

Wi-Fiのメリットは、インターネットに接続する速度が速く、無線で利用できる点です。また、Wi-Fiを利用すれば、その分スマートフォンの通信量を減らすことができます。通信が制限される心配もなくなり、スマートフォンの料金プランを下げることも可能になるので、通信費用の節約になります。

複数の端末に同時に接続できる点もWi-Fiの大きなメリットです。光回線のあるご自宅にルーターを設置すれば、Wi-Fiを無制限で利用でき、料金も定額制なので安心です。Wi-Fiに接続できる高機能な家電なども開発されており、上手く利用すれば生活の上で非常に役に立ちます。

Wi-Fiのデメリットは、セキュリティ対策を怠ると個人情報が流出して犯罪の被害者になる危険性があることです。しかし、セキュリティが甘い無料Wi-Fiの使用を避けることや、不正アクセスを妨げる対策をしっかり取ることで安全に利用できます。

Wi-Fiのメリット・デメリットの両面をご紹介いたしましたが、生活の質を向上させるためにWi-Fiは色々な役割を果たしてくれます。スマートフォンの利用と合わせてお得な料金プランが利用できる場合もあるので、お近くのショップで相談されてみてはいかがでしょうか。

《参考リンク》モバイルWi-Fi