ポケットwifiの速度

各メーカーや機種毎においても、ポケットwifiの速度は異なりますが、そもそもこの通信速度においての基準単位となっているMbpsについてまず理解しておく必要があるといえます。
これはメガビーピーエスと読み、1秒単位においての送受信可能であるデータの量を表す単位の呼び名です。

この数値が大きい程、通信速度の速さが速くなるという意味です。
例えば、7.2Mbpsとは0.9MB/s(メガバイト毎秒)にあたり、大体1MB分であるデータの通信が1秒単位で通信が可能という事を指します。
また、このMbpsのb(ビットの略称)の部分と、MB/sのB(バイトの略称)とは、1バイトが8ビットといった関係性があり、Mbpsで表された数を8で割るとMB/sで表すことができます。この事を頭に入れながら、通信速度の速さについて検討をしていく事が、どうしても必要になってきます。

では、ポケットwifiの速度ですが、例えばワイモバイル社のポケットwifiルーターの場合には、165Mbpsなどといった、他社のものには引けを取らない最大の速さといったものがありますが、直ぐに1、2GB程度分の消費量である通信速度でのコストが掛かり、後で詳しく触れる速度制限などが掛かるような特徴があったりします。それぞれのモバイル機器メーカーの特徴をしっかりと理解していくためにも、ここで話したMbpsという、通信速度の単位に関する知識を頭に入れておくことも大切です。