速度で比較!

基本的に、どのメーカーやどの機種においても、3日で通信量が1GBを超えたりしてしまうと速度制限の対象になるような仕組みとなっています。そして、その制限時の速度も128Mbpsですので、この点に注意をしておかなくてはなりません。この事にあらかじめ留意しながら、速度面においてポケットwifiの比較をしていく必要性が出てきます。

こちらでも触れた、ワイモバイル社の165Mbpsという通信速度は大変魅力的ですが、その分、通信制限が厳しいといった面もありますので、その事を考えたうえで利用をしていく必要性があります。ただ、最近においては502HWという、アドバンスモードのオプションを付ければかなり低料金の通信料で利用が無制限に可能なものなどもありますので、この製品なども目が離せません。

また、NTTドコモ社が開発・販売などを手掛けているWiMAX2+なども、高速通信インターネット環境などの形成などの面においては、大変うってつけである製品仕様の商品といえますので、こちらもオススメといえます。さらに、キャッシュバックサービスなどをかなり高額な相場で提供している、GMOとくとくBBなども、優良なサービス仕様になっていますので、利用価値が大いにあります。