未分類

速度を上げる方法はある?

一般的に、先程のY!モバイル社が扱う305ZTのように、7GB毎において、一旦リセットを行い、そのうえで初期化してから月1回その動作を行いながら無料での通常速度への戻しシステムなどがあるものもあります。このようなタイプの製品の場合、リセットを行うタイミングにおいてコツがある程度要りますので、ある程度の仕様上においての面倒さといったものは否定が出来ません。

一方、このようなリセット動作などによる切り替え操作のような面倒さが無い、先程の同社の502HWやNTTドコモ社のWiMAX2+、GMO社のGMOとくとくBBなどのような、オプション取り付けや最初からの仕様設定等により、速度制限無しのものなども実際にありますので、これらを購入したりしていく検討なども、大いにお勧めといえます。

ただ、それらの中でも、WiMAX2+の場合にはプロバイダー事業者と機種メーカーとが別ですので、システム上プロバイダー自体を購入者であるユーザー自身が選んでいく必要性がありますので、この点で、プロバイダー事業者毎においての料金の違いやキャンペーン内容などについて検討をしていく事が、非常に大切です。中でも一番安いプロバイダー事業者は、GMO社ですので、WiMAX2+の場合にはそこを選んでいくのも手といえます。


未分類

速度で比較!

基本的に、どのメーカーやどの機種においても、3日で通信量が1GBを超えたりしてしまうと速度制限の対象になるような仕組みとなっています。そして、その制限時の速度も128Mbpsですので、この点に注意をしておかなくてはなりません。この事にあらかじめ留意しながら、速度面においてポケットwifiの比較をしていく必要性が出てきます。

こちらでも触れた、ワイモバイル社の165Mbpsという通信速度は大変魅力的ですが、その分、通信制限が厳しいといった面もありますので、その事を考えたうえで利用をしていく必要性があります。ただ、最近においては502HWという、アドバンスモードのオプションを付ければかなり低料金の通信料で利用が無制限に可能なものなどもありますので、この製品なども目が離せません。

また、NTTドコモ社が開発・販売などを手掛けているWiMAX2+なども、高速通信インターネット環境などの形成などの面においては、大変うってつけである製品仕様の商品といえますので、こちらもオススメといえます。さらに、キャッシュバックサービスなどをかなり高額な相場で提供している、GMOとくとくBBなども、優良なサービス仕様になっていますので、利用価値が大いにあります。


未分類

速度制限

以前にも少し触れた速度制限について紹介します。これについては、基本的には通信業者によって、ユーザー側のその時の利用状況などに応じて、ネット速度の制限をするといったものが通常ですが、大体3日から1カ月くらいの間の通信量が制限を超えた場合に、通信制限が掛けられるといったパターンとなっています。

通信制限とは、決められている通信量を超えると速度が制限されてしまい、正常の速度で使用できなくなり、通信自体は可能であっても速度自体が低速になるというものです。制限速度が130Mbps以下になっていることもあります。速度制限に関する情報は、原則としてプロバイダー事業者が開示しており書面にも記載があります。しかし、書面での記載は見落とす方も多いため、よく確認し、注意することが必要になってきます。

そのため、通信制限により低速になった場合には、そのような状態が改善するまではネットを利用しないようにします。もしくは、使い放題サービスなどが無いタイプの場合には、オプションなどで速度制限を外すことも出来ます。しかし、機種やメーカーによっては追加料金などが発生したりする場合もありますので、この点については、よく理解しておく必要性があります。


未分類

ポケットwifiの速度

各メーカーや機種毎においても、ポケットwifiの速度は異なりますが、そもそもこの通信速度においての基準単位となっているMbpsについてまず理解しておく必要があるといえます。
これはメガビーピーエスと読み、1秒単位においての送受信可能であるデータの量を表す単位の呼び名です。

この数値が大きい程、通信速度の速さが速くなるという意味です。
例えば、7.2Mbpsとは0.9MB/s(メガバイト毎秒)にあたり、大体1MB分であるデータの通信が1秒単位で通信が可能という事を指します。
また、このMbpsのb(ビットの略称)の部分と、MB/sのB(バイトの略称)とは、1バイトが8ビットといった関係性があり、Mbpsで表された数を8で割るとMB/sで表すことができます。この事を頭に入れながら、通信速度の速さについて検討をしていく事が、どうしても必要になってきます。

では、ポケットwifiの速度ですが、例えばワイモバイル社のポケットwifiルーターの場合には、165Mbpsなどといった、他社のものには引けを取らない最大の速さといったものがありますが、直ぐに1、2GB程度分の消費量である通信速度でのコストが掛かり、後で詳しく触れる速度制限などが掛かるような特徴があったりします。それぞれのモバイル機器メーカーの特徴をしっかりと理解していくためにも、ここで話したMbpsという、通信速度の単位に関する知識を頭に入れておくことも大切です。